ピル服用中の献血は可能?ピルの避妊以外の効能

ピルは、避妊に高い効果がありますが、それ以外にも多くの効能があります。ピルの注意点と効能についてご紹介しましょう。
ピルには、血液を凝固しやすくする作用があるため、血栓症のリスクがある人は服用できません。35歳以上で1日に15本以上喫煙する人や、高血圧の人、血栓症にかかっている人や罹患歴のある人、片頭痛のある人は服用が禁じられています。また、女性ホルモンが含まれているので、女性ホルモンによって悪化する恐れがある、乳がんの人は服用できません。ホルモンは母乳に移行するので、授乳中の人も服用できません。その他、服用を禁じられていないケースでも慎重な投与が必要な場合がありますので、医師の指導に従いましょう。
医師が処方する薬の中には、ピルと相互作用があるものがありますので、医療機関ではピルを服用していることを必ず伝えてください。市販の薬との併用は問題ありませんが、ダイエット系のサプリメントや食品によく含まれるセント・ジョーンズ・ワートは、ピルの避妊効果を低下させる可能性がありますので、注意してください。
ピル服用中の献血は問題ありません。避妊目的や月経困難症治療で低用量ピルを服用している場合、生理日の移動などで中用量ピルを服用している場合のいずれも献血できます。
ピルは、生理周期の安定、生理痛の改善、月経過多による貧血の改善など、特に生理に関する症状に効能があります。生理前のイライラや頭痛、乳房痛、腹痛などのPMS(月経前症候群)の緩和も期待できます。また、ホルモンの乱れが原因の大人ニキビにも効果的です。
その他の注目すべき効能として、卵巣がん、子宮がん、大腸がんの発症リスク低下があげられます。